新着情報News

2016年7月14日 |ブログ

カラダ喜ぶTHREEごはん

 IMG_20160713_152610

 

 

こんばんは

Plume~プリュム~の近藤雅子です。

 

 

打ち合わせのために、表参道に行きました。

 

『せっかく食べるなら、カラダが喜ぶものが食べたいね』

 

ということで、久々に『THREE』に行きました。

 

最近、野菜不足気味だったので、

 

さわやかなハーブの香りがする、デトックスジュースと

 

スイーツみたいに甘い、トマトのサラダをオーダーしました。

 

あぁ・・・細胞に染みわたる・・・・(笑)

 

 

落ち着いた空間、おいしい野菜、ちょっと変わった料理法。

 

また来たい!と思わせるお気に入りのお店です。

 

みなさまも、是非足を運んでみてくださいね。

 

『THREE』

http://aoyama.threecosmetics.com/dining-menu/

 

 

 

それでは、また^^

 

************************

プライベートエステサロン Plume~プリュム~

http://plume-beauty.jp/

 

 

働く女性のためのパーソナルナース EmPlaVie(オンプレヴィ)

https://emplavie.amebaownd.com/

 

*****************************

 

 

 

 

 

 

2015年12月6日 |ブログ

新常識!?太りにくい食事方法

食事をとる

 

 

 こんばんは、プリュムの近藤です。

 

『太りにくい食べ方』の続きです。

 

前回のお話は、

カロリーを気にするより、

血糖値を上げすぎないように気を付けて食べる

が、最近の栄養学の考え方です。

・・・という内容でした。

 

では、宿題の

『あんぱん』と『ドーナッツ』ではどちらが血糖値を上げにくいでしょうか??

 という質問ですが、

答えは決まりましたでしょうか??

 

 

 

答えは・・・

 

『ドーナッツ』

 です。

 

 

え~うそ~??って思いませんか?

私もこれには、びっくりしました!!!

 

ドーナッツは、油であげているからダメでしょ~??

って思っていたのですが、

その、油こそがポイントなのでした!!

 

20121008092849257274_植物油

 

 

血糖値は、栄養素によって、上がり具合が違います。

パンやごはん、パスタなどの炭水化物は、

急激に上昇して、急降下します。

肉や魚、たまごなどのたんぱく質は

それより少し時間が経って上昇して、緩やかに下降。

そして、

オリーブオイルやごま、なたね油などの脂質は、

ゆっくりゆっくり上昇していき、さらにマックスになる数値も低く

時間をかけて下降していきます。

 

 血糖値 図

 

 図で見ると、一目瞭然。

 

『山』が高いほど、インスリンは活発に働きますので、

余分な栄養素は、脂肪としてカラダに蓄えるのです。

 

つまり、

 

血糖値の山が高いほど、脂肪になるので『太る』というわけです。

 

先ほどのあんぱんとドーナッツの場合で言うと、

どちらも生地は小麦粉なので、炭水化物です。

でも、

油を使って調理されているのは、ドーナッツですよね。

同じパンでも、カロリーで言えば高いけど、

血糖値を上げにくいのは、ドーナッツということになります。

 

同じ考え方で、クロワッサンなどもバターが多いので

血糖値を上げにくいパンになるそうです。

 

・・・・この話、ある有名な栄養士さんのセミナーで勉強してきた

内容です。

実際、現場での栄養指導で使われているそうです。

ダイエットの時には、

食事全体のカロリーはもちろん抑えること。

それでも、食べたいときには、

菓子パンは半分にしてね と

言っておられました。

もらい物で断れないとか、

おやつにこれしかなくて・・・

みたいな時、

この知識があれば、

少なくとも、今までより選べる種類が増えますし、

『あ~食べちゃった・・・』という

罪悪感から、解放される人が増えるだろうなと思います。

 

先生曰く、

『すべての油は、血糖値をさげる』のだそうで

食事の際、まずは油を食べることを勧めておられました。

 

おすすめの方法は、

1、油を小さじ1杯食べてから食事をする。

または、

2、フライや天ぷらから食べて、野菜やメインを食べ、最後にごはん。

3、ラーメンや丼ものは、上に乗っている具材を食べてから、

麺やごはんを食べる。

 

こんな方法がいいようです。

 

 

『え~でも、油はコレステロールが高い人には

よくないんじゃないの??』

と、思われたあなた、ナイスです!

 

コレステロールは血液をドロドロにするから

動脈硬化の可能性が高まる と言われていますね。

 

アメリカで数年前に、コレステロールの高いことと

心臓疾患にはなんの関係もなかった  と発表されました。

これをうけて、

日本の動脈硬化学会でも、最近同じことが発表されたのですww

病院では相変わらず、コレステロールの薬は処方されていますが、

(どうしてでしょうね~??意味がありますww)

食事による、コレステロールの摂取は

それほど気にしなくてよい。

というのが、最近の情報です。

このことを、知らないドクターもいるそうですよ。

プリュムのお客様には、賢い女性でいてもらいたいので

シェアしました!

特に女性は、閉経後、コレステロール値があがります。

これは、生理現象の一つです。

栄養士の先生も言っておられましたが、

女性は男性ほどコレステロール値は気にしなくていいそうです。

気にする時は、血圧が高くて60歳を超えた時

なんだそうですよ。

 

そんなわけで、コレステロールより、血糖値を意識して

食べ方を工夫してみてくださいね。

 

 

・・・・・ただいま、プリュムではダイエットモニターさんに

3か月のダイエット を実施していただいています。

オイルを使った食事指導に、運動、オイルエステ。

人生変えちゃう本気のダイエット!

に、二人三脚で取り組ませていただいてます。

 

経過を時々報告いたしますね^^

 

今年も残り数週間。

みなさまカラダに気を付けてお過ごしくださいませ。

カラダのケアには、是非プリュムにお越しくださいね~♪

 

今日はここまでです。

ではでは~^^

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....
いつもご覧いただきありがとうございます。プリュムからのお知らせです。
《HERSに掲載されました》是非ご覧下さい。 詳しくはこちらから
《エステティックグランプリに参加しています》上位目指して頑張っています! 詳しくはこちらから
《スマホ・タブレットをお使いの方にお得な情報を配信しております》是非ご登録下さい。 詳しくはこちらから
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....

 

ではでは~^^

2015年12月2日 |ブログ

やせる基本と、最新『太りにくい食べ方』

 カラダ体重計

 

 

 こんばんは、プリュムの近藤です。

 

いよいよ12月ですね!

なにかと食べる機会が多くなる季節。

気を付けないと・・・って方に。

知って得する情報です☆

 

やせる方法ってみなさん関心高いですよね?

 

しかも、楽してやせられる方法なら なおさら(笑)

 

世の中、いろんな情報がありますし、

流行なんかもありますね。

いろいろな方法があるけど、

どんな方法が合うかは、人によって違うもの。

 

でも、これだけは!!っていう

多くの人に当てはまる方法があるとしたら、

 

『食事』でカロリーを制限すること 

と、

『運動』でカロリーを消費すること。

 

あたりまえじゃん!って思った方。

 

そうなんですよ。

  

やっぱり、基本はこの2つなんですよね。

 

病院でも、メタボや肥満の方にはここから指導です。

○○ザップだって、ここの指導で結果をだしているのです。

 

例外的に

てっとり早くやせる方法 として、

外科手術で脂肪を切除する方法があります。

術後、カラダが美しくみえるように手術してくれるので、

確実にスタイルよく仕上げてくれるでしょう。

 

また、

 

いわゆる、『やせる薬』なるものもあります。

 

食事に含まれた油をカラダに吸収しないようにする薬

と、

血糖値が上がると、カラダが糖を吸収するので、

血糖値を上げないようにする薬

が、有名かな。

サプリメントレベルのものから、医薬品までありますね。

これ以上太ると死の危険性が高い!!

みたいな方は、病院で処方もされますが、

副作用が半端ないので・・・怖いです。

 

どちらにしろ、手術も、薬も積極的に利用したい!と

思われる方は少ないのではないでしょうか?

そこまでしたくないけど、楽にやせたい。

 

このへんが、本心かなと(笑)

 

気持ちはわかるけど、基本は変わりませんよ~(笑)

 

食事 と 運動

 

ここが基本的に大切とわかっていただきたい(笑)

 

そのうえで、

 

今日はやせたい人のための栄養医学最新情報です。

 

 

 

食事をとる

 

 

ダイエットのために、食事をコントロールしたことがある

という人、きっといらっしゃいますよね??

つまり、

カラダに取り入れるカロリーを抑えていた。

野菜だけ、とか ご飯を食べない、とか、

全体量も減らしていたこともあるかもしれません。

天ぷらやフライの衣をはずすのは当たり前。

お肉なら、脂身をはずす などなど。

 

そうです、以前はカロリー計算などで

食事の『カロリー』を気にしていたのです。

 

今はね、ここの考え方がちょっと違います。

 

肥満でやせたい人は、食事のカロリーは落とす。

そこは変わりありません。

が、

今は、一食あるいは一品のカロリーよりも、

『血糖値を上げにくい食べ方』

が、

太りにくい食べ方として注目されているそう。

興味をお持ちの方のために、

まずは、

血糖値とインスリンの関係をお話ししますね。

 

 

 人は食事をすると、食べ物が分解されて分解されて

カラダに吸収しやすい状態になってから、

血液となって、栄養が

体中の臓器や細胞に届けられます。

 

主体となるのは、糖分。

ごはんやパンや砂糖などに含まれる栄養素ですね。

糖は、エネルギー源です。

カラダを動かすために、絶対に必要なガソリンのような存在です。

 

食直後から、徐々に血液の中の糖の値があがっていくと、

(血糖値があがるといいます)

食後2時間ぐらいでピークを迎えます。

血糖値が高くなると、インスリンというホルモンが働いて、

予備のガソリンとして糖を吸収し、脂肪として体内に貯めておきます。

そして

血液の中の糖を一定の濃度に調節しています。

インスリン1

 

このシステムのおかげで、体温が維持されたり

心臓が動いてくれたり

つまり、生きることが出来るわけです。

 

体力を使ったり、食事を摂れなかったりで

糖の濃度が足りなくなった = ガソリンが減ってきた

となったとします。

そんなときにもインスリンが働いて、

貯めておいた貯金を使い、調節をしてくれます。

頼れる工場長みたいな存在のインスリンです(笑)

 

これが、若く健康な人のインスリンの場合です。

 

例えば、糖尿病は、インスリンがでない病気です。

工場長、不在 なんですね。

そうなると、カラダに糖が吸収できず、

血液のなかにずっと糖分が漂っていて、(高血糖状態)

尿として流されてしまいます。

だから、食べても食べても『やせてしまう』なんて症状が。

 

糖尿病は、食べ過ぎなどの肥満がきっかけでなります。

高カロリー食はインスリンに影響を与えてしまうのです。

 工場長、過労で倒れるみたいな(笑)

 

 また、

歳をとると、食後2時間できていたピークが

3時間たってもまだピークのまま。なんて場合もあります。

これ、何がいけないのかというと

長い時間、インスリンがカラダに糖分を吸収してしまうから

太りますよね、ってことなのです。

 工場長、長時間残業・・・もういいか(笑)

インスリン2 

 

 

つまり、

インスリンは、血糖値のコントロールをする大切なホルモンなのですね。

 

血糖値が高くなると、脂肪として貯金しようとしますし、

血糖値が低くなると、貯金をくずしてエネルギーに変えてくれます。

 

・・・そんな工場長も、ストレスや過食、加齢によって

年々働きが悪くなってしまうことがわかりました。

 

前回のブログにも記載しましたが、

メタボリックドミノの入り口は肥満です。

そして、次に起こることが、インスリンの問題なのです。

簡単に言うと、

工場長が仕事をさぼったり、疲れて時間どおりに

働かないことで、

周りの子会社(臓器)が、ストライキを起こしてしまうのです。

やがて、肝臓倒産、腎臓倒産ついには・・・チーンです。

 インスリンに生涯現役で、元気に働いてもらうことが

太らないためにも、将来のメタボ予防にも大切!!

だから、

『血糖値を上げにくい食べ方』が大切になる ということです。

は~~長かった!!(笑)

 

理論的に、 

インスリンが作用すると、脂肪としてエネルギーを貯蓄してしまいます。

ですから、インスリンが作用しにくいように

血糖値を食事でコントロールすれば、脂肪になりにくい。

・・・ですよね?

 

では、質問です。

 

 

アンパン ドーナッツ

『あんぱん』 と 『ドーナッツ』

どちらが血糖値があがりにくいでしょうか??

どっちもカロリーは高いですよね!

やせたい人には、どちらも避けたい食べ物かもしれません(笑)

 でも、

どうしても食べたい、そんな時、

血糖値を上げにくい で考えると

脂肪になりにくいパン が、選べるようになります。

これは知らなきゃ損!!

さて、どちらでしょう??

 

答えは・・・・。

 

むふふ(笑)

 

長くなってしまいました。

質問は宿題にさせていただきますね♪

 

今日はここまでです。

 

ではでは~^^ 

 

 

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....
いつもご覧いただきありがとうございます。プリュムからのお知らせです。
《HERSに掲載されました》是非ご覧下さい。 詳しくはこちらから
《エステティックグランプリに参加しています》上位目指して頑張っています! 詳しくはこちらから
《スマホ・タブレットをお使いの方にお得な情報を配信しております》是非ご登録下さい。 詳しくはこちらから
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....